マインドアイがニュースレターを整骨院に提案すると?

ニュースレター

首が痛い、腰が痛い、肩が上がらないなど体に変調をきたした時に行く方が多いのが整骨院です。しかし、接骨院、マッサージとの区別がつかない方も多くおられます。

では、それぞれの違いは何なのか、料金はどうなのか、保険は効くのか効かないのかなどをニュースレターで紹介することで明確な違いを打ち出すと、お客様も違いが分かるようになります。

腰が…。

整骨院はどんな時に行くの?

どんな時に整骨院に行きますか?

・首が痛い

・首が回らない

・肩が上がらない

・肩がこる

・腰が痛い

・足がしびれる

など、体に何かしら痛みを感じた時に、それを取り除いてもらいたいと思って行きますよね。また、スポーツでケガをした人が、機能改善のために行きます。

 

 

接骨院とどう違う?

柔道整復師の国家資格を持った人が、柔道整復術を行うのが接骨院です。柔道整復師法に基づく資格を持った施術者が、柔道整復術を行う施術です。

昔は、「ほねつぎ」と呼ばれ、脱臼・骨折をした際に治療する施術所でした。

しかし、近年では整体の施術を行っていた整体院と接骨院が合体して整骨院と呼ばれています。

国家資格に基づきますから、治療は医療保険が適用されます。

ちなみに、整体院は、体のバランスを保っている背骨や骨盤のズレやゆがみを矯正し、筋肉を緩めてコリをほぐすなど、体を正常な状態に整えます。

国家資格ではないため、保険は適用されません。

 

脱臼は接骨院

整骨院がニュースレターを出す理由

まずは、整骨院が何をするところかを知ってもらうことです。

その理由は、整体院、マッサージ店、鍼灸院など似たような業態がある中で、整骨院に来て効果の出る患者さんを集めるためです。

患者さんは、自分の体の状態で、整骨院、整体院、マッサージ店、鍼灸院、カイロプラクティックスなど、どこに行けばいいのか解らないものです。ですから、体の状態を理解することができる情報を提供することです。

そのような情報を出すことによって「あの整骨院は親切な所だ」という認識をしてくれるようになるので、必要な時には来院してくれるようになります。

また、知り合いに「あの整骨院は親切だし、いろいろ教えてくれる」と、紹介にもつながります。

このような理由があるので、お店を繁盛させるために、ニュースレター発行が必要なのです。

信用を得ることが大切

 

ニュースレターで見込まれる効果は?

一番に現れる効果は、リピート率のアップです。

情報を提供することで、体に変調をきたした時には来院してくれるようになります。

また、売上のアップも見込まれます

未病や予防が、マスコミでも取り上げられるようになりました。そのために、個人でもこれらに対しての関心は高まってきています。

ニュースレターとは、別のチラシで未病の情報や体の手入れなどの情報を発信し、キャンペーンなどで来院するように促すようにすると、関係性のある患者さんですから来院率は上がります。

来院された患者さんの状態をよく聞けば、引き続き治療を続けなければいけない方もおられます。

まずは、来院するきっかけを作ってあげればよいのです。

 

売上アップ

どんなことを載せればいいの?

ニュースレターに載せる内容は、体のケア、院長、スタッフの人柄が解る自己紹介文が必要です。

先にも書きましたが、体のケアを載せることによって、患者さんは「体」のことをよく理解するようになります。それを教えてくれた御社に対して信頼してくれるようになります。

院長、スタッフの人柄を知らせることは大切です。

治療中は、自分から胸襟を開いて患者さんに接することはできません。ですから、自分のことを知ってもらうために必要です。

お堅い話を書くのではなく、自分の考え方や人となりを知ってもらうことが大切です。

本を読んだ感想、映画を見た感想、世の中の出来事に対する意見、休日の過ごし方、仕事に対する考え方、ずっこけた話、家族のことなどを掲載すれば、人となりが伝わります。

これが伝われば、あなたのことを身近な存在に感じるようになります。そうなれば、患者さんも警戒心を解き安心して来院できるようになります。

但し、これらを読んでいただくためには雑学が必要です。おばあちゃんの知恵袋的な生活に役立つ便利な情報やお料理のレシピなど、読んでためになる情報がなければ、患者さんはニュースレターを読んでくれません。

極端に言えば、雑学情報の合間に、お店の用法があるというイメージです。

昔は当たり前だったのにね!

配布方法はどうするの?

ニュースレターの配布方法は、基本的に郵送ですが、店頭で渡しても、近隣にポスティングしても良いでしょう。

頻繁に来院してくれる方には、店頭で配布することができますが、少し期間が開く方には渡すことができません。

そんな患者さんには、郵送するのが一番です。元々、少しの期間(2ヶ月まで)足の遠のいた方に送って、再来院を促すことが目的です。未病や体点検のチラシを同封して送くりましょう。

近隣にポスティングするのも効果があります。

近所にいながらも、遠方の整骨院に行く方はたくさんいます。それは、あなたのお店がどんなお店か解らないからです。チラシを入れると金額的なことがクローズアップされます。

ニュースレターだと、純粋に情報しかありません。しかも、体のケアやスタッフの紹介が掲載されています。初めての方にとっては、安心できる材料が掲載されているので、来院するハードルが下がります。よって、もしもの時には来院してくれる可能性がアップします。

 

いつまで送らなければいけないの?

ニュースレターを送る期間は、6ヶ月~1年が目安です。整骨院に来る人は、何らかの痛みがある方です。その痛みが出るまでの平均期間を割りだせばよいのです。

痛みが出ているはずなのに、来院がないという方は、他の店に行った可能性が高いです。一度来て、他店に行ってしまった患者さんを呼び戻すのは非常に困難です。

なぜなら、治療中や治療後に何らかの不満を持ったからです。

「一生懸命に取り組んでくれたけど、治らないんじゃ…。」「先生の態度が横柄で気に入らない。」待つ時間が長すぎて…。」など不満を持った患者さんに、どんなに良い情報を提供しても戻ってくることはほとんどありません。

ですから、痛みが出ているはずなのに来院がない6ヶ月~1年が送付する目安の期間です。

 

口コミが起こせるって本当?

口コミはなぜ起きるのでしょうか?

口コミが起きる理由は、衝撃的な体験をした場合か、信用できる場合のいずれかです。

衝撃的な体験とは、「あの整骨院は、ボキボキと骨を鳴らすんだけど不思議と痛みがまったくなくて、治療後には痛みが完全になくなっている」というような体験をすれば、衝撃が大きいので人に喋りたくなってしまいます。

ですから、体の痛みの話が出た場合は、その体験を話した後に「紹介しようか」となります。

信用できる場合もどうように、紹介が増えます。しかし、信用を得るのは簡単なことではありません。しかし、ニュースレターを発行していると、次第に信用を得ることが出来るようになります。

そうすれば、紹介してくれるようになります。

まとめ

整骨院はどのような施術をしてくれるのか解らないものです。整体やカイロプラクティックスと何が違うのか理解している人はほとんどいません。

また、体の痛みをどのようにして取るのかも分かりません。

ですから、体の痛みを自分で取るような体操を教えたり、痛みが起こらないような習慣を教えたりすることで、信用を得るようにすればリピート率は確実に上がります。

また、紹介率もアップするようになります。

そうすれば、売上も上がるようになってきます。

 


椋本 庄治

ターゲットを掴むこと

ニュースレターの内容は、ターゲット層によって若干内容が変わります。しかし、忘れてはいけないのが「何のためにニュースレターを発行するのか」です。 発行する目的を明確にしておかないと、集客は上手く行きません。 目的の基本は、リピート客の増加です。 整骨院のように痛みを取り除く業種なら、年齢・性別に関係ないように思いますが、一番多いボリュームゾーンは必ず存在します。もちろんお店によって異なることは言うまでもあるりません。 ボリュームゾーンは何歳くらいなのかをきちんと調べ、その層に合わせて内容を決めるようにしなければ、せっかく苦労してつくったニュースレターを読んでくれません。

「ニュースレター」を分かりやすく解説したガイドブック

新規客ばかりを追いかけて売上に困っておられませんでしょうか?

このガイドブックは、リピート客を増やして売上をアップさせる 「ニュースレター」を分かりやすく解説しています。