トップページ > 料金表 > 効果のない理由

効果のないニュースレター

「ニュースレターを出しているが効果がない。こんなことを続けていてもな…」と思いながらも、ニュースレターを発行し続けている会社もあります。

ニュースレターで上手くいかないのは、それなりの理由があります。その原因の一つは、ニュースレターを出すことが義務になってしまっていることです。義務になってしまうと創意工夫がなくなってしまいます。つまり、知らず知らずのうちにお客様のことを考えずに発行してしまっているということです。

具体的に言うと、ニュースレターのテンプレートはいろんな会社から出ています。中には全ページ話題が埋められていて、そのまま社名だけを入れて発行できるようになっているのもあります。

確かに、簡単に発行することができるので、発行する側は楽かもしれません。しかし、これをそのまま送って来られたお客様はどう感じるでしょうか。お客様は、苦労して作ったものなのかどうかは、直感的に感じるものです。苦労を感じるからこそ読んでいただけ、協力しようと思っていただけるのです。そこを感じないものには目を通してもらうことはできません。

では、どうすればいいのでしょうか。

最低限盛り込む内容は3つです。店長や社長などトップの紹介。スタッフの紹介。商品やサービスの豆知識。これらがないとお客様の関心を得ることはできません。

トップの紹介については、どんな考えの人なのか、どのような人柄なのか、信用できそうなのか、いざのときには頼れそうなのか、など、お客様が人物の品定めをするために必要です。ここで信頼を得ることができれば、お客様に必要な商品を勧めると買ってくれるようになります。しかも、価格競争から抜け出すこともできます。

スタッフ紹介も同様です。人柄を伝え信頼を得ることが大切です。

豆知識は、お客様に情報を提供するコーナーと考えてください。人は、知識の無いものについては考えることができません。しかし、知識を得ると興味を持ち始めます。興味を持ち始めると自分で調べ出すようになります。

ある住宅工務店さんでのお話です。
住宅完成見学会に来られたお客様に話を聞くと、「3年後に家を建てることを考えている」とのことでした。このお客様にニュースレターを送ること1年。「そろそろ家を建てたい」との相談が来ました。3年後だと思っていたので理由を聞くと、「家について調べ出すと早く建てた方が良いと思った」とのことでした。これこそ、豆知識の効果です。

お客様に関心を持っていただくためには、自己開示と豆知識は最低限必要だということがお解かりいただけたと思います。

これに追加して、お客様の紹介やクイズなどを盛り込むとさらに関心を引くニュースレターになります。

売上をあげるために重要なことは、お客様からの信頼を得ることです。

初心者むけマンガ。無料プレゼント

わたくし自身が、実際にやってみて効果のあった方法を、皆さんにおすすめしています。低価格ではじめるのもそのためです。

プロフィールはこちらです

地下鉄四つ橋線「本町駅」下車、徒歩3分です。ただ、本町駅は横に広いので、御堂筋線の出口からでは遠いです。お電話ください。くわしい道をお伝えいたします。

株式会社マインドアイ
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町1-18-12
TEL:06-6444-8360
FAX:06-6444-8380

受付時間:10:00-19:00
定休日:土日祝